ふわふわ分厚く焼き上げたい

現在スイーツブームの最先端を行くパンケーキは、ふっくらキレイな焼き色はもちろん、しっかりと分厚いのにシフォンケーキのような軽やかさと柔らかさ、口に入れた途端にクリームのように溶けてしまう新食感が話題となり、テレビや雑誌などのメディアでも紹介された名物パンケーキを食べるために店の前には長蛇の列ができるほどです。

そんな人気のパンケーキを食べてみたいと思っても、話題の店まで足を運ぶのは難しいという人は少なくないのではないでしょうか。
また、店まで行けたとしても長い行列で数時間待ちだという状況では食欲も心も折れてしまうかもしれません。
そんな時は思いきって自分でパンケーキを焼いてみましょう。
お店でプロが焼くレベルの一品ではなくても、うまく工夫すれば家でも分厚くてふわふわのパンケーキを焼くことができるのです。

まずは現在流行っているスフレタイプのパンケーキを焼くには、きちんと泡立てたメレンゲをたっぷり混ぜるという方法があります。
たくさんの空気を含んだメレンゲのおかげで生地が膨らみ、分厚くてもふわふわと柔らかい焼き上がりになるのです。
しかしハンドミキサーがあれば簡単ですが、手で卵白を泡立てるとなるとメレンゲ作りは時間も手間もかかって面倒だという人も多いでしょう。

そこで、お手軽にふわふわの焼き上がりになる隠し味が「ヨーグルト」です。
ヨーグルトの酸とミックス粉に含まれるベーキングパウダーが反応して勝手に生地がふわっと膨らんでくれるのです。
牛乳と置き換えてヨーグルトだけで焼いても柔らかいパンケーキが焼けるでしょう。
ヨーグルトの酸味などはほとんど気になりません。

また、一番大切なコツが「生地を混ぜすぎない」ということです。
ミックス粉のダマが無くなるまで一所懸命混ぜたくなるのをぐっと我慢して、さっさと手早くヘラで切るように十回ほど混ぜるか、泡立て器に生地をまとわせて落とすのを十回ほど繰り返すだけで十分でしょう。
出来た生地はもったりと重く、本当にきちんと焼けるのか心が不安になるかもしれませんが心配はご無用です。
ほどよく熱したフライパンを濡れ布巾などに一瞬乗せて冷まし、中央に生地を手早く流し入れれば、すぐにふわっとパンケーキが膨らむのがわかるでしょう。
混ぜすぎないことで生地に含まれた空気が抜けず、フライパンの熱で一気に膨らみやすくなるのです。
後は焦げないよう弱火でじっくりと火を通していくだけで、お店で提供されるようなふわふわ分厚い夢のパンケーキが焼き上がるでしょう。
ちょっとした一工夫で焼ける夢のふわふわパンケーキ、焼き立ての香りと食感をぜひ独り占めしてみませんか。