一工夫でより美味しく

現在、素材や製法にこだわったスイーツが話題を集めています。
濃厚な自家製フルーツ蜜をたっぷりかけた天然氷使用のかき氷や、日本のみならず海外の厳選された素材の風味を活かした高級チョコレート、二十分以上もかけてとろけるような口溶けに焼き上げるパンケーキなど、作り手のこだわりが感じられるスイーツを求めて今日も専門店の前には長い行列ができています。
その勢いは衰えず、空前のスイーツブームは今後も長く続くでしょう。

しかし、そんなスイーツが何故人気なのかというと、お取り寄せ不可や数量限定といった入手困難である状況が拍車をかけているのかもしれません。
こだわりの素材、職人の手作業による丁寧な製法をもって作られる人気スイーツは、実際に現地の店舗まで足を運んで食べるしかないことも少なくないのです。
もちろん品質にこだわる人気スイーツがわざわざ日持ちするための保存料や防腐剤など添加しているはずもなく、遠い地でしか食べられない極上スイーツの味に思いを馳せ、悔し涙を飲んだスイーツファンもいるのではないでしょうか。

そんなときは、こだわりの厳選素材も職人技もないけれど、自宅でお店の味を再現してみるというチャレンジはいかがでしょう。
著名なパティシエの手作業による繊細な芸術作品のような高級スイーツはさすがに難しいですが、前述した例の中であればふわふわのパンケーキを自宅で焼くというのは比較的挑戦しやすいかもしれません。
元々ホットケーキという名前で、自宅で簡単に作れるおやつとして長く親しまれてきたスイーツですから、高級な材料や専門的な調理器具などは必要ないでしょう。
むしろ、簡単に材料を調達できて、誰でも気軽に料理できるのがパンケーキの魅力のひとつだといえます。

とはいっても、普通にいつも通りの材料と手順で焼いただけではお店で食べるようなパンケーキの味になりません。
まず、ふわふわ感を出したいと思ったときに使える裏技は「みりんを大さじ一杯」加えることです。
みりんに含まれるアルコールが生地の水分を保ってくれるため、柔らかくしっとりとした焼き上がりになるでしょう。
また「マヨネーズを大さじ一杯」加えると酢や油分のおかげで中はふわふわ、外はサクッと香ばしく焼けます。
どちらも加えた調味料の風味などはパンケーキを焼く際に飛んでしまうため、味が変わることがないのもポイントです。

憧れのお店のスイーツが食べられれば言うことなしですが、それはいつかの楽しみだと思って、まずは自分で工夫してとびきり美味しいスイーツを作ってみましょう。
もちろんプロの味には敵わなくても、今までとは段違いの美味しいスイーツを自作できたら、料理することも食べることもより楽しくなるはずです。