安心して口にできる美味しさ

「食の安全」が注目されて久しく、自分たちの口に入るものの信頼性について昔とは比べ物にならないほど人々は慎重になっています。
美味しくて長持ちする製品を安価で流通させるために添加物を大量に使用した食品は今も多く、それを気にせず口にする人達も少なくはありません。
しかし、素材や製法にこだわった食品も根強く支持されており、自分達の食の安全は自分達で選択したいという人々の声もまた多いものです。
そんな消費者の意見を反映し、最近では国産の素材や添加物フリーを売りにした商品を発売する企業も増えました。

しかし、添加物や安価な外国産の食材を使わずに品質にこだわって生産される食品は従来の安価な大量生産品と比べると割高で、また生産数も多いとは言えず、気軽に食べられる状況ではありません。
そんな状況で安心して口にできる食事をどう用意すべきかと考えると、自分自身で素材を調達し、自分の手で料理するというのもひとつの方法ではないでしょうか。

さすがに毎日毎食全ての食材を厳選して買い付け、一から調理するというのは難しいですが、例えば今まで市販の食パンを朝食にしていたのをホームベーカリーで焼いた自家製パンに変えてみるとか、スーパーで漬物を買っていたのを自宅でぬか床を用意して好きな野菜を漬けてみるとか、日常の中に小さな「手作り」をひとつふたつ加えてみる程度であれば、手間や時間はさほど必要ありません。
小さな子供のいる家庭では、手作りのおやつなどもいいでしょう。
市販のキャンディやスナック菓子を毎日食べていると糖分に塩分や油、添加物も気になりますが、自分で用意した材料で手作りしたおやつであれば、それらの過剰摂取を気にする必要もありません。

長く人々に愛されてきた手作りおやつといえばホットケーキでしょう。
現在はパンケーキという名前で呼ばれることが多く、各地で専門店が次々オープンしては行列が途絶えない人気スイーツになっています。
昔ながらの平たくてモチモチとした食感のホットケーキも美味しいですが、今流行っているような分厚くてふわふわのパンケーキも魅力的です。

簡単に焼けるミックス粉なども市販されていますが、小麦粉と卵と牛乳や砂糖など、安心して口にできる素材を探してみるのもいいかもしれません。
作る手順が単純で、子供と一緒に楽しみながら手作りできるところもパンケーキの魅力です。
自分で選んだ素材で焼いたパンケーキであれば、愛する家族にも安心して食べさせられることでしょう。